FC2ブログ

117.鳥の植物(2):テガタチドリ

 「鳥の植物」第2弾は、千鳥さんのテガタチドリです。
 テガタチドリはラン科 Gymnadenia属(テガタチドリ属)の植物です。ヨーロッパから極東のユーラシア北部に分布し、日本では、本州北部の亜高山帯から高山帯にかけて分布しているようです。
 「チドリ」は花の形が千鳥が飛ぶ姿に似ていることから、また「テガタ」は、根が手の形になっていることから来たということです。 

 そこで写真を探したのですが、見当たりませんでした。今度探して撮影してきますのでしばらくご容赦を。
 日本にもテガタチドリが野生しているということですから、ぜひ出合いたいものです。

(以下、2011年12月17日追加分です)
 写真をいただき、空白を埋めることができました。

テガタチドリ Gymnadenia conopsea   

    テガタチドリ (2)

 で、Gymnadenia 属の切手です。

 ラン科の切手は、以前に取り上げたネジバナに次いで2つ目ですが、科としての発行数は植物切手のなかで最も多いのではないかと思います。ラン科の植物が世界に約700属、15,000種以上もあり、いずれも特徴のある形をしていて美しいということもあって、多くが切手に取り上げられているのだと思います。

テガタチドリ Gymnadenia conopsea   
    
    
stcam0704.jpg                      
 1997年 カンボジア発行             

ノビネチドリ Gymnadenia Camtchatica

    stkor0402.jpg
  2001年 大韓民国発行

 ●カンボジアの切手は、手元にはランを描いた5枚がセットとしてあります。ただし、この5枚でいわゆるコンプリート(完全セット)ではなく、もう少したくさんシリーズで発行されたのではないかと思いますが、不明です。
 ●大韓民国の切手は、4種セットで発行されたもののうちの1枚です。これもランを描いたセットです。こちらは4種連刷が手元にありますから、これでコンプリートです。    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR