1352.山奥植物園の植物(40):ナズナ

 初春に花を咲かせる植物の代表の一つはこのナズナでしょうか。

 ナズナは、アブラナ科 Capsella属(ナズナ属)の二年草の植物(群)です。

 田畑や荒れ地、道端にごく一般的に見ることができる植物なのですが、史前帰化植物といって有史以前に日本に帰化した植物なのだそうです。事実、わが国を始め世界の温・暖帯地域に広く分布している植物なのだそうです。

 名前を漢字で書くと「薺」という難しい字になります。
 ナズナという呼び名は、夏になると枯れる「夏無(なつな)」とか撫でたいほど可愛らしい「撫菜(なでな)」から来ているというような説があるようですが、いずれも「うーん、そうかな」という感じですな。
 別名で有名なのはペンペングサ、種子が三味線の撥(ばち)に似ているところからこんな名前になりました。また、シャミセングサとも呼ばれているようです。

 また、春の七草の一つにもなっていますし、七草がゆの材料でもあり、我々にとって親しい植物といえます。
 ペンペングサという言葉もよくつかわれる言葉です。 あまりよい意味でつかわれていないようです。
  ペンペングサが生える=生命力の強いナズナだけが生育できるような荒廃した状態
  ペンペングサも生えない=何も残っていない状態(あいつが通った後にはペンペングサも生えない・・・)
 などといいますなあ、

 属としてのナズナに含まれる種の数には諸説があるようですが、3種のみだとする説もあるということです。

 写真です。

ナズナ Capsella bursa-pastoris

    P1110613.jpg     P1110615.jpg
撮影:2014年3月22日 『山奥植物園』

    IMGP2061.jpg
撮影:2003年6月5日 京都市「平安神宮」  
 
  Capsella属を描いた切手は手元にありませんでした。

(おしらせです)

 最近出会った植物の写真を追加しました。
  クロガネモチ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-646.html 
  ヒサカキ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1303.html
  ヤドリギ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-189.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR