FC2ブログ

1402.今日の植物(946):モンパノキ

 今日の植物は、モンパノキという妙な名前の植物です。 ナンパノキとかモンペノキなどとダジャレを言いたくなるような名前です。

 モンパノキは、ムラサキ科 Heliotropium 属(キダチルリソウ属)の常緑低木で、わが国の南西諸島、小笠原諸島から東南アジア、ミクロネシア、アフリカの亜熱帯地域に広く分布している植物だということです。

 このHeliotropium 属は既にヘリオトロープという植物で登場していますので、第2弾ということになります。

 モンパノキという名前は、漢字で書くと「紋羽の木」、肉厚の葉の裏表に細かい毛が密生しているところから紋羽(ビロードの意味だそうです)と名付けられたとウイキペディアにありました。
 砂礫地や砂浜に生えることから別名をハマムラサキとも呼ばれているということです。

 このモンパノキの分類でややこしいのは、分類される属がいろいろあるところです。Argusia(スナビキソウ)属、Messerschmidia(メセルスクミディア)属、Tournefortia(トウルネフォルティア)属に分類している解説書があるのですが、いずれも種小名は「argentea」とされています。
 ウイキペディアの英語版では、これらはすべて後で出てくるHeliotropium foertherianum と同義としています。

 写真です。

モンパノキ Heliotropium foertherianum

    IMGP2490X.jpg      IMGP1631.jpg
     撮影:2004年1月24日     撮影:2003年12月13日
  宇治市「宇治市植物公園」   名護市「美ら海水族館」

    800px-Maldives_09657[1]
●花の写真がなかったものですから、こちらをウイキペディアから借用してきました。 

 モンパンノキを描いた切手です。

モンパノキ Messerschmidia argentea(=Heliotropium foertherianum)

    stmai0103.jpg
1991年 マーシャル諸島発行

モンパノキ Tournefotia argentia(:Tournefortia argentea=Heliotropium foertherianum)

     stpal0203.jpg
  1988年 パラオ発行 
 ●一緒に描かれている蝶は、Dannaus plexippus(オオカバマダラ)という蝶のようです。というより、蝶の方が主役のようです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR