1421.秋吉台で出会った植物(6):キンラン

 秋吉台で出会った植物、今日はキンランという植物です。同じ属のギンランとも出会いました。どちらも林の中の余り日の当たらない場所でひそかに咲いていたという感じでした。

 キンランは、ラン科 Cephalanthera属(キンラン属)の多年草で、属としては15種程度がヨーロッパ、アジア、それに1種だけが北アメリカに分布しているということです。

 種としてのキンランは、わが国の本州、四国、九州、それに朝鮮半島、中国の山や丘陵の林に分布する植物だということです。元々は普通に見られる植物だったようですが、1990年頃から急速に個体数を減らしていて、現在では環境省の絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されるまでになっているということです。

 一方、同じ属のギンランもわが国の各地を始め、朝鮮半島に分布する植物だということです。やはり山や丘陵の林に分布していて、キンランと同じ時期に同じような場所で開花するのだそうです。しかし、キンランの減少により並んで咲いているのを見ることは非常に難しくなっているのだそうです。

 秋吉台では、並んで咲いてはいませんでしたが、同じ林の中で見つけることができました。貴重な生育環境が残されているのだと思います。

 写真です。

キンラン Cephalanthera falcata

    P1120785.jpg
撮影:2014年5月17日 美祢市「秋吉台」

ギンラン Cephalanthera erecta 


    P1120773.jpg     P1120921.jpg
撮影:2014年5月17日 美祢市「秋吉台」

 切手です。 

キンラン Cephalanthera falcata 

     stkor0803.jpg
 2002年 大韓民国発行 
 ●これはいい切手です。日本も、サクラやカエデばかりでなくこんな切手を発行して欲しいものです。 

(同じ大韓民国からギンランの切手も発行されていました)


ギンラン Cephalanthera erecta  

    stkor2003.jpg 
2005年 大韓民国発行(韓国のランⅤ)
 
(おしらせです)

 当日出会ったほかのランの仲間の写真を追加しておきました。
  サイハイラン(クレマストラ) http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-728.html
  エビネ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-666.html
  シラン http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-316.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR