1428.今日の植物(964):イワガラミ

 今日の植物は、昨日に続いて「スキゾ」仲間のイワガラミという植物です。

 イワガラミは、アジサイ科 Schizophragma属(イワガラミ属)の落葉蔦性の木本です。

 種としてのイワガラミは、北海道から本州、四国、九州に分布し、産地の岩崖や林縁に自生する植物だそうです。
 属としてのイワガラミは世界に4種があって、原産地はヒマラヤから台湾、日本ということです。

 このイワガラミ属の特徴は、アジサイと同じように装飾花(周辺の大きな花の部分)と呼ばれる花弁状の萼片を持っているのですが、その萼片が1枚だけというところです。

 名前を漢字で書くと「岩絡み」、幹や茎から気根を出して、岩や高木に絡みついて這い登る植物で、時には道路の則面を上から這って下るものもあるということです。 

 
 写真のもののように園芸品種として栽培されているものもあるようです。

 写真です。

イワガラミ「ムーンライト」 Schizophragma hydrangeoides 

    P1050967.jpg      P1050990.jpg
撮影:2012年6月3日 西宮市「北山緑化植物園」

 Schizophragma属を描いた切手は手元にありませんでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR