1457.秋吉台で出会った植物(18):コナスビ

 今回の連続した「秋吉台シリーズ」はとりあえず、このコナスビで終わりにします。
 このコナスビも印象に残った植物の一つです。

 コナスビは、サクラソウ科 Lysimachia属(オカトラノオ属)の多年草です。
 ですが、名前がコナスビで、花を見てもオカトラノオとは全く違った外観をしていますし、これがまたサクラソウ科、というのですから、なんかよく分からん・・という感じが残ったのです。

 このコナスビは、日本をはじめ東アジアに広く分布する植物なのだそうです。実は、これまで見たことがなくて、今回初めて目にした植物の一つでもありました。
 コナスビという名前はその花がナスに似ているところから命名されたということです。そういえば似ているようでもあります。

 オカトラノオとは似ても似つかないなあ、という点については、このオカトラノオ属というのがコナスビ亜属とオカトラノオ亜属に分けられているということで、なるほどと少し合点がいったような気がしています。(外にヤナギトラノオ亜属というのもあるようです)

 Lysimachia属(コナスビ亜属)の写真です。

コナスビ Lysimachia japonica


    P1130295.jpg     P1130307.jpg
 
    P1130364.jpg
撮影:2014年6月21日 美祢市「秋吉台」 
 ●コナスビは、小さな花ですがなかなか魅力的な花でした。

クサレダマ Lysimachia vulgaris var. davurica

    Lysimachia_vulgaris_var._davurica_1[1]
 ●これもコナスビ亜属の植物です。ウイキペディアから借りて来ました。
 ●クサレダマは「草連玉」と書きます、「腐れ玉」ではないようです。 レダマという植物もあります。

 コナスビ亜属を描いた切手はないかと探したのですが、手元にありませんでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR