FC2ブログ

130.音楽の植物(5):ワレモコウ

 音楽でワレモコウと言えば、絶対にこれでしょう。
 「吾亦紅」
 http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=58223
 実はこの歌をじっくりと聴いたことがありませんでした。今この歌詞を読んで、この唄が母親に対する気持ちを歌った唄だということを初めて知りました。
 「仕事に名を借りたご無沙汰 あなたに あなたに 謝りたくて・・・・」うーん。

 ワレモコウはバラ科 Sanguisorba属(ワレモコウ属)の植物です。日本、朝鮮半島、中国に分布しています。

 ワレモコウという名前の由来には諸説あるようです。
 一説に曰く、「われもこうありたい」から来ているとか。この唄のタイトルになぜワレモコウが使われたのかと考えていたのですが、この説だと納得できるような気がします。カサブランカ、マムシグサ・・・・この歌詞のタイトルとして、5文字の植物だったら何でもいいや、というわけにはいきませんな。

 ワレモコウの根を乾燥したものは、止血ややけど、湿疹の治療に使用される薬草だということです。

 Sanguisorba属の写真です。

ワレモコウ  Sanguisorba officinalis
 ●「officinalis」という種小名もよく登場してきます。「薬用の」といった意味があります。やはり、薬用植物として使われていたのです。

    130IMGP2729_convert_20101117234431.jpg
撮影:2003年7月20日 神戸市「布引ハーブ園」

カライトソウ Sanguisorba hakusanensis
 ●「hakusanensis」は「白山の」という意味です。

     130IMGP2830XX_convert_20101117234513.jpg     130IMGP2832XX_convert_20101117234545.jpg
撮影:2004年 6月19日 西宮市「北山緑化植物園」
 ●カライトソウも華麗な花を持った植物です。

 Sanguisorba属の切手です。手元には、この切手1枚だけありました。

ワレモコウ  Sanguisorba officinalis

    stmgl0512.jpg
 1985年 モンゴル発行

 ●この切手は、手元には7種がセットでありますが、これでコンプリートかどうかは不明です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR