1518.今日の植物(1034):ウバリア

 今日の植物は、ウバリアという植物です。

 ウバリアは、バンレイシ科 Uvaria属(ウバリア属)の植物の総称です。

 属名の「Uvaria」はラテン語の「uva」(ブドウの意味だそうです)から来ているということです。この属には食用になる種があって、その果実がブドウに似ていることに由来するようです。
 また、種小名が「uvaria」となっている植物もあります。どこかブドウに似たところがあるのでしょうか、よく分かりません。
  オオトリトマ (Kniphofia uvaria

 このウバリアに関する特記事項では、Uvaria accuminata という種の根からウバリシンという強い抗ガン作用を持つ物質が単離されたことが挙げられるようです。

 もうひとつ、サネカズラという植物がありますが、これはかつてUvaria japonicaと、このウバリア属に分類されていたこともあるようです。

 写真です。手もとにありませんでしたので、ウイキペディアから借りて来ました。

ウバリア・カマエ Uvaria chamae

    800px-Uvaria_chamae_MS4186[1] 

 切手です。

ウバリア・グランディフロラ Uvaria grandiflora

    sttha1302.jpg
 1988年 タイ発行(新年)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR