1551.今日の植物(1066):ソフロニティス

 今日の植物は、ソフロニティスという植物です。 久しぶりに、切手と写真の両方ある属の登場です。

 ソフロニティスは、ラン科 Sophronitis属(ソフロニティス属)の植物で、65種程度が知られているということです。
 南米のブラジル東部、パラグアイおよびアルゼンチン北東部に分布しているようです。

 赤い小さな花を持つところが特徴だとされていました。

 このSophronitis属も、かつてはブラジル産のLaelia(レリア)属がこのSophronitis属に移されたり、その後今度はこのSophronitisCattleya(カトレヤ)属に移されるというような異動があったようです。
 ということですが、このラン科の離合集散はまだまだ続きそうですので、とりあえずSophronitis属として取り上げることにしました。園芸店などではこのSophronitisという名前がポピュラーなのだそうです。

 写真です。

ソフロニティス・ケルヌア Sophronitis cernua

    P1070616.jpg
撮影:2012年10月14日 姫路市「手柄山温室植物園」 

 切手です。 ルーマニアから2枚発酵されていました。

(左)ソフロニティス・ケルヌア Sophronitis cernua
(右)ソフロニティス・コッキネア Sophronitis coccinea

    strom3403.jpg       strom3303.jpg
 この2枚は、1988年 ルーマニア発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR