1564.今日の植物(1079):テフロシア

 今日の植物、テフロシアという植物です。

 テフロシアは、マメ科 Tephrosia属(テフロシア属)の植物の総称です。

 このTephrosia属の植物の多くは、毒性を持っていて、特に魚類に対してそれが顕著であるとされています。その毒性はロテノンという物質を多く含むことによるということで、殺虫剤や医薬用途にも利用されているということです。

 写真と切手にでている、Tephrosia apollinea種は南西アジアから北東アフリカに至る地域に分布する植物だということで、この種は、羊に対して毒性をもっており、同じように医薬としての利用も行われているということです。
 また、染料のインディゴの製造にも活用されていると、なかなか多様な表情を持っている植物です。
 

 写真です。手もとになかったものですから、ウイキペディアにお世話になっております。

テフロシア・アポリネア Tephrosia apollinea

    Fujeirah_north_1501200713099_Tephrosia_apollinea[1]     Fujeirah_north_1501200713146_Tephrosia_apollinea[1]

 切手です。1枚ありました。

テフロシア・アポリネア Tephrosia apollinea

    stymn0104.jpg 
1981年 (旧)イエメン人民民主共和国発行 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR