1587.今日の植物(1101):ピテコクテニウム

 今日の植物は、ピテコクテニウムという植物です。

 ピテコクテニウムは、ノウゼンカズラ科 Pithecoctenium属(ピテコクテニウム属)の植物の総称です。またまたノウゼンカズラ科からですが、今回でノウゼンカズラ科はとりあえずおしまいとします。

 ウイキペディアによりますと、Pithecoctenium属に分類される植物は約20種ほどがあるそうで、カリブ海地域と、ブラジルからメキシコに至る南米の熱帯地域に分布しているということです。

 この植物のある種からは、メタノールを抽出できるということで、化学的に利用されているという情報がありました。一方、オーストラリアではこの植物は有害な外来種とされているそうです。

 独特の刺のある果実を持っていて、種名のPithecocteniumは「猿の櫛」という意味なんだそうです。

 The Plant List によりますと、このPithecoctenium属は、Amphilophium属の同じものだということですが、ここはウイキペディアに従って別の属としておきます。
 また、Pithecoctenium属はBignonia(ツリガネカズラ)属と近縁だということでした。

 写真です。手元になかったもので、ネットから借用してきました。

ピテコクテニウム・キナンコイデス Pithecoctenium cynanchoides


    3-Bl-Pithecoctenium-cynanchoides-[1]     Pithecoctenium00[1]
 ●なかなか魅力的な花です。右が刺のある果実です。

 切手です。1枚ありました。

ピテコクテニウム・キナンコイデス Pithecoctenium cynanchoides

    stgyn0505.jpg
      ガイアナ発行

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR