FC2ブログ

1590.今日の植物(1103):ホマロクラディウム

 今日の植物は、ホマロクラディウムという植物です。

 ホマロクラディウムは、タデ科 Homalocladium属(ホマロクラディウム属)の常緑の植物で、ウイキペディアでもThe Plant Listでも写真に出てくるHomalocladium platycladum種のことしか記述がないという妙な植物です。あるいは、この種のみが知られているのかもしれません。

 一昨日、昨日に続いてのタデ科の植物ですが、これで手持ちのタデ科は終わりです。
 タデ科の記事は合計で12属、16件になりますが、タデ科全体では50~60属、1100種もあるそうでそれぞれが個性的な植物の科です。

 ウイキペディアによりますと、今日のHomalocladium属はニューギニアとソロモン諸島原産の植物だということですが、プエルトリコ、インド、ボリビア、ニカラグアにパキスタンにも自生するようになっているという情報もありました。

 写真にありますように、節でつながった独特の平たい葉を持った植物で、小さな花をつけるのだそうです。
 Muehlenbeckia platycladaという名前の植物とは同じ植物だということです。

 写真です。1枚はウイキペディアから借りて来ました

カンキチク Homalocladium platycladum

    IMGP2442XX.jpg      800px-Centipede_Plant_01_Pengo[1]
   撮影:2004年5月29日
加西市「県立フラワーセンター」
 ●名前のカンキチクは漢字で書くと「寒忌竹」となるそうです。耐寒性は強いのだという情報もありました。

 
 Homalocladium属を描いた切手は手元にありませんでした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR