1602.今日の植物(1115):ナツメグ

 今日の植物は、ナツメグという植物です。
 昨日に続いてオールスパイスに似た香りの香辛料とされていたものです。
 

 ナツメグは、ニクズク科 Myristica属(ニクズク属)の常緑高木で、東インド諸島、モルッカ諸島が原産地とされています。

 ナツメグの果実からつくられるのがナツメグおよびメースと呼ばれる香辛料です。
 
 メースは、この果実の中の種子を包む皮(仮種皮)を感想させたもので、一方ナツメグは種子全体あるいは仁の部分を石灰液に浸して乾燥させたものだそうです。
 独特の甘い香りがあるということで、ひき肉料理や魚料理の臭みを消すために使用されることが多いということです。また、ケーキの香りづけにも使われるようです。

 科および属の名前のニクズクは漢字で書くと「肉豆蒄」で、これは中国の漢方薬の名前から来ているようです。
 ニクズク科は初めて登場しますが、約20属、300~500種を擁する属だということです。ただ、手もとには本日の記事のMyristica属の切手が1枚あるだけでした。

 写真です。これもネットから借りて来ました。

ナツメグ Myristica fragrans

    800px-Myristica_fragrans_(Cannelle)[1]

 切手です。

ナツメグ Myristica fragrans

    stgre0501.jpg
1967年 グレナダ発行(モントリオール万博) 
 ●この切手は、1966年発行の普通切手に加刷してあります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR