1603.今日の植物(1116):キシフィディウム

 今日の植物は、キシフィディウムという植物です。属名Xに戻りました。

 キシフィディウムは、ヘモドルム科 Xiphidium属(キシフィディウム属)の植物の総称です。

 ウイキペディアによりますと、Xiphidium属の植物はWestern Hemisphereの熱帯地域に原産地を持つ植物だということです。このWestern Hemisphereは、そのままですと「西半球」ですが、どの範囲なのでしょうか?ウイキペディアの記述からすると、アメリカ大陸および西インド諸島辺りを指すようです。

 このXiphidium属に分類される植物は、写真に出てくるXiphidium caeruleum種とXiphidium xanthorrhizon種の2種だけのようです。

 ヘモドルム科は久しぶりの登場ですが、以前にカンガルーポーという植物が登場していました。手もとに切手あるいは写真があるヘモドルム科の植物はこの2属で全て登場しました。
 科全体では、16属約80種を擁する科だということです。

 写真です。

キシフィディウム・ケルレア Xiphidium caeruleum

    P1010543.jpg       Xiphidium_caeruleum,_fruit_of_the_Palma_Bruja_bush._(11295106596)[1]
  撮影:2010年12月5日
  京都市「府立植物園」
 ●右の写真はウイキペディアからです。
 ●この種小名の「caeruleum」は「coeruleum」と表記されることもありますが、いずれも「青い色の」という意味です。

 Xiphidium属を描いた切手は手元にありませんでした。

 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR