1609.今日の植物(1121):アムブリゴノカルプス

 今日の植物は、アムブリゴノカルプスという植物です。

 アムブリゴノカルプスは、ネムノキ科 Amblygonocarpus属(アムブリゴノカルプス属)の植物の総称です。

 このAmblygonocarpus属については、頼りのウイキペディアにも上記のような情報しかなかったのです。ネットで探していて、「Flora of Zimbabwe(ジンバブエの花)」というサイトで少し説明がありましたので、これを記しておきます。

 Amblygonocarpus andongensis という種、実はAmblygonocarpus属にはこのAmblygonocarpus andongensis 種だけしかないようですが、は中程度の高さの落葉樹だということです。羽状の葉を持っていて、白色から黄色の花を9月から10月頃に咲かせるのだそうです。

 一昨日のキンキジュ、昨日のアカハダノキに続いてのネムノキ科ですが、これでネムノキ科の手持ちの8属が全て登場したことになります。
 ですが、このネムノキ科は約50属、2000種ほどの植物があると言いますから、登場したのはほんの一部だけということになります。

 写真です。これもネットから借りて来ました。

アムブリゴノカルプス・アンドンゲンシス Amblygonocarpus andongensis


    126390-1[1]     126390-3[1]

 Amblygonocarpus属を描いた切手です。

アムブリゴノカルプス・アンドンゲンシス Amblygonocarpus obtusangulus(=andongensis)

    stang0202.jpg
   1983年 アンゴラ発行 
 
 ●この切手はいわゆるひし形切手ですので、45°右に傾けて見てください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR