FC2ブログ

1615.今日の植物(1127):ウルップソウ

 今日の植物は、ウルップソウという植物です。

 ウルップソウは、ゴマノハグサ科 Lagotis属(ウルップソウ属)の多年草です。またまたゴマノハグサ科から登場です。
 種としてのウルップソウLagotis glaucaは、アリューシャン列島、カムチャツカ半島、千島列島に、日本では礼文島、飛騨山脈北部、八ヶ岳の高山帯に隔離分布しています。氷河期に日本まで南下した後、高山など一部地域のみに残ったのだと考えられているということです。
 環境省の絶滅危惧種(VU)にしてされていて絶滅が危惧されています。

 名前のウルップソウは、この種が千島列島のウルップ島で初めて発見されたことで命名されました。属名のLagotisはギリシャ語のlogos(兎)+ous(耳)で、葉の形が兎の耳に似ていることから来ているということです。

 このLagotis属は、かつてはウルップソウ科という科を立てて分類されていたのですが、APGの分類体系ではオオバコ科に分類されるようになったのだそうです。

 写真です。手元にありませんでしたので、ウイキペディアから借りて来ました。

ウルップソウ Lagotis glauca

    Lagotis_glauca_in_Mount_Shirouma_2000-07-29[1]
 切手です。日本から発行されています。

ウルップソウ Lagotis glauca

    stjpn0202.jpg
1984年 日本発行(高山植物)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR