1640.今日の植物(1151):フラグミペディウム

 今日の植物は、フラグミペディウムという植物です。
 昨日までタイの「新年」切手を続けて取り上げていましたので、切手はあるけど写真が手元にないものが続いていました。今日は、久し振りに両方が手元にある植物です。

 フラグミペディウムは、ラン科 Phragmipedium 属(フラグミペディウム属)の常緑植物です。
 ウイキペディアによりますと、このPhragmipedium 属に分類される植物は約20種があってメキシコ南西部から南米大陸の中央部の熱帯地域に分布しているということです。

 このPhragmipedium も英語名をLady's slipper (婦人のスリッパー)と呼ばれているようです。
 このLady's slipper という名前は、シプリペディウム亜科(アツモリソウ亜科)に分類される属の共通の名前になっているようです。
 この亜科にはこれまで登場してきたCypripedium(アツモリソウ)属(レブンアツモリソウカラフトアツモリソウ)、Paphiopedilum(パフィオペディルム)属()、Selenipedium(セレニペディウム)属が含まれています。
 いずれもpedium仲間ということになります。

  というのも属名のPhragmipediumはギリシャ語由来で、phragma(division)+pedium(slipper)でスリッパーをイメージして命名されたようです。

写真です。

フラグミペディウム・カウダツム Phragmipedium caudatum

    P1020685.jpg     P1020686.jpg
 撮影:2011年6月19日 淡路市「奇跡の星の植物館」

フラグミペディウム「エリック・ヤング」 Phragmipedium cv. 'Erick Young' 

    P1040377.jpg     P1040379.jpg
撮影:2012年1月22日 京都市「府立植物園」
 
(左)フラグミペディウム・スクリミイ Phragmipedium schlimii
(右)フラグミペディウム・コバチイ Phragmipedium kovachii

    1024px-Phragmipedium_schlimii_Orchi_02[1]     Phragmipedium_kovachii[1]
 ●この2枚は、ウイキペディアから借りてきました。

 Phragmipedium 属を描いた切手です。

(左)フラグミペディウム・カウダツム  Phragmipedium caudatum
(右)フラグミペディウム・スクリミイ Phragmipedium schlimii

    stecu0312.jpg         strom3407.jpg
     エクアドル発行       1988年 ルーマニア発行
 ●エクアドルの切手は学名(種小名)がcandatumと誤って表記されています。

フラグミペディウム・コバチイ Phragmipedium kovachii

    stun0310.jpg
 2005年 国連発行(絶滅危惧種)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR