1641.今日の植物(1152):コオロギラン

 今日の植物は、コオロギランという植物です。属名Sから登場です。

 コオロギランは、ラン科 Stigmatodactylus属(コオロギラン属)の一種およびその植物群です。ウイキペディアの情報によりますと、中国、日本、ヒマラヤ、インドネシア、ニューギニア、ソロモン諸島を原産地とする10種ほどがあるということです。

 名前のコオロギランというのは、花の形がコオロギに似ているから、あるいはコオロギの鳴く初秋に花が咲くからといった説があるようですが、よくわかりませんでした。

 写真です。手元にありませんでしたのでネットから借りてきました。

コオロギラン Stigmatodactylus sikokianus
 ●この種は、牧野富太郎氏が高知県の横倉山で発見されたということです。種小名のsikokianus も四国にちなんで命名されています。

    Koorogiran02[1]
 ●華麗な花です。スギの落ち葉の多いところに多く分布しているということです。

 切手です。日本から発行されています。

コオロギラン Stigmatodactylus sikokianus

    stjpn18005.jpg
2012年 日本発行(牧野富太郎生誕150年)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR