1698.今日の植物(1207):ブラソレリオカトレア

 今日の植物、ブラソレリオカトレアという植物です。

 昨日の記事で、3つの属をつないだ長い名前として名前が挙がっていた植物です。

 ブラソレリオカトレアは、ラン科 Brassolaeliocattleya属(ブラソレリオカトレア属)の植物で、この属に分類されるランは、Brassavola(ブラサボラ)Cattleya(カトレア)Laelia(レリア)という3つの属を親に持ち、それ以外の属の親を持たないもの、とされているようです。

 ウイキペディアによりますと、1999年当時このBrassolaeliocattleyaという属名が使われていた頃には、大きな派手な花を持つ多くの種がこの属に分類されていたようです。しかし、2009年頃までに、このBrassolaeliocattleya属を作るのに使われていた親のBrassavola属の植物の多くが
Rhyncholaelia属に、Laelia属の植物の多くがCattleya属に移されたのだそうです。
 その結果、1999年当時
Brassolaeliocattleya属に分類されていた植物のほとんどのものは昨日のRhyncholaeliocattleya属に、残りのものはその他の属に分類されるということになったということです。

 従って、現在はBrassolaeliocattleyaという長い名前の属はなくなったということになります。なのですが、手元にはBrassolaeliocattleyaとされた植物の切手がありまして、これの帰属が現在どうなっているのかということがよくわかりませんので、とりあえずBrassolaeliocattleya属として記事をつくりました。

 まあ、特にラン科の植物の離合集散、栄枯盛衰は激しくてよく分からんところも多いのです。

 写真です。これは手元にありませんでしたので、ウイキペディアから借りてきました。

Brassolaeliocattleya Glen Maidment 'Aranbeen'

    Brassolaeliocattleya_Glenn_Maidment_Aranbeen1[1]

 切手です。フィリピンからたくさん発行されていました。

(左)Brassolaeliocattleya 'Pokai Tangerine'
(右)Brassolaeliocattleya Mem. 'Roselyn Reisman'
  ●属名の後のMem.は「○○さんを記念して」という意味ではないかと思います。

      stphi0601.jpg     stphi0602.jpg
 
(左)Brassolaeliocattleya(Cattleya Moscombe x Toshie Aoki)
(右)Brassolaeliocattleya Mem. 'Benigno Aquino'
 ●この'Benigno Aquino'氏は暗殺されたベニグノ・アキノ氏、後に大統領になるアキノ夫人のご主人のことだと思います。

    stphi0603.jpg     stphi0604.jpg
 
(左)Brassolaeliocattleya 'Fran's Fantasy'
(右)Brassolaeliocattleya Malvarosa 'Green Goddess'

    stphi0605.jpg     stphi0606.jpg
 
Brassolaeliocattleya 'Port of Paradise'

    stphi0607.jpg
以上7枚は、1996年フィリピン発行
 ●上記の情報によると、1996年当時はBrassolaeliocattleyaという属名が使われていたということになります。
  
Brassolaeliocattleya 'horizon flight'

    stcub1102.jpg
  1986年 キューバ発行

Brassolaeliocattleya sp.

    stgre1001.jpg
 2000年 グレナダ発行

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR