1719.今日の植物(1228):プテロスティリス

 今日の植物は、プテロスティリスという植物です。属名Pからです。

 プテノスティリスは、ラン科 Pterostylis属(プテロスティリス属)の植物です。ウイキペディアによりますと、インドネシアの中央部、東部、ニュージーランド、オーストラリア、ニューギニア、ニューカレドニアに約200種が分布しているのだそうです。
 この植物群に与えられた英語名はgreen hood(緑の頭巾)、この植物の特徴に注目して命名されたようです。

 Pterostylis属の多くの種は、ひだのある花弁を持っていて、昆虫が触れるとこれが後ろに動いて昆虫を筒状の部分に落とし込むのだそうです。昆虫はもがいてその筒から逃れ出るのですが、その途中に花粉を運ぶことになるというわけです。いろいろな工夫がされているものだと感心します。

 写真です。2枚はウイキペディアから借りてきました。

プテロスティリス・バンクシイ Pterostylis banksii

    800px-Pterostylis_banksii_11[1]

     Pterostylis_coccinea_051002a[1]
 ●これが昆虫を利用する仕組みだそうです。4の部分に花粉があって、1が後退することにより昆虫は花粉を付けて筒状の部分に落ち3の柱頭に花粉を運ぶという仕組みのようです。

 切手です。

プテロスティリス・バンクシイ Pterostylis banksii

    stnzl0604.jpg
1990年 ニュージーランド発行(世界切手展) 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR