1736.今日の植物(1245):プレイオスピロス

 今日の植物は、プレイオスピロスという植物です。属名Pから登場です。

 プレイオスピロスは、ツルナ科 Pleiospilos属(プレイオスピロス属)の多肉植物の仲間で、南アフリカが原産地です。
 独特の分厚い半円球形の葉は小石が割れたような形をしていて、それで動物から食べられるのを防いでいるのだそうです。

 属名のPleiospilosは、ギリシャ語から来ていて、pleios (many)+ spìlos(spot)と葉の斑点から命名されたようです。
 切手に出ている、Pleiospilos nelii種は園芸品としてもよく栽培されているということです。

 写真です。

(左)プレイオスピロス「帝玉」 Pleiospilos nelii
(右)プレイオスピロス・コンパクツス・カヌス Pleiospilos compactus subsp. canus 

    Pleiospilos_nelii_form[1]     Pleiospilos compactus subsp. canus

 切手です。2枚ありました。

(左)プレイオスピロス「帝玉」 Pleiospilos nelii
(右)プレイオスピロス・コンパクツス・カヌス Pleiospilos willowmorensis(=Pleiospilos compactus subsp. canus)

    stsom0304.jpg         stben0501.jpg
  1995年 ソマリア発行    1997年 ベナン発行

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR