FC2ブログ

158.今日の植物(41):フリージア

 今日の誕生花は、フリージアです。

 フリージアは、アヤメ科 Freesia属(アサギスイセン属)の植物です。
 南アフリカが原産地で、その後欧州にもたらされ品種改良が加えられました。その結果、現在一般に出回っているフリージアはその品種改良されたものなのだそうです。現在では、元々の色である黄色に加えて、白、ピンクなど花色も多様になっています。

 属名のFreesiaは、フリージアを発見したデンマークの植物学者エクロン氏が、友人の医師フリーゼ(Freese)氏の名前を付けたことによるそうです。
 日本名の属名「アサギスイセン」は「浅黄水仙」と書きますが、スイセンとは科も違う植物ですから誤解を生みそうな名前ですね。

 そこで、写真なのですが、1枚しかありませんでした。よく見かける植物なので、かえって写真を撮っていなかったのでしょうか?

フリージア Freesia x hybrida

    158IMGP1405XX.jpg
  撮影:2004年4月14日 明石市「県立明石公園」

(2011年3月12日に追加の写真です)
   ZP1010981.jpg     ZP1010980.jpg
撮影:2011年3月6日 京都市「府立植物園」 

次いで切手です。

フリージア Freesia x hybrida

    stjpn11405.jpg      sttwn0203.jpg     
    2000年 日本発行      2004年 台湾発行
   (ふるさと切手「東京都」)

    stshl0101.jpg          stpol1002.jpg
 2004年 イギリス領セント・ヘレナ発行   1964年 ポーランド発行
   (王立園芸協会200年記念)


    sttog0104.jpg     stalb0507.jpg
     1966年 トーゴ発行    1967年 アルバニア発行
      (WHO本部落成)

    stgue0414.jpg  stgue0417.jpg  stgue0421.jpg
以上3枚は、英領ガーンジー発行(普通切手)。発行年は、右、左が1992年、中は1997年

 ●日本の切手は、昨日のゴクラクチョウカと同じシリーズで発行された5種セットのうちの1枚です。
 ●台湾の切手は、3種セットのミニシートで発行されました。
 ●セントヘレナの切手は、4種セットのうちの1枚です。前にブラシノキの切手もありました。
 ●ポーランドの切手は、12種セットで発行されたもののうちの1枚です。
 ●トーゴの切手は、7種セットのうちの1枚です。この切手は、菱型切手ですので、45度右に回転して見てください。
 ●アルバニアの切手は、8種セットのうちの1枚です。グラジオラスとアブチロンでも登場したシリーズです。
 ●ガーンジーの切手は、24種セットで発行されました。いずれも植物を描いたもので、きれいな切手です。 


フリージア・グランディフロラ Anomatheca grandiflora(=Freesia grandiflora)

    stzam0505.jpg
2002年 ザンビア発行(ザンビアの) 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

待っていました

今日の「誕生花は」なんだろうと心待ちしていました。
フリージアだったんですね。
綺麗な黄色のフリージア・・・写真を拡大した途端気持ちも明るくなってきました。
もちろん待ちうけ画面ですよ~(笑)
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR