FC2ブログ

159.癒しの植物(7):セージ

 今日の誕生花は、セージです。

 セージは、シソ科 Salvia属(アキギリ属)の植物です。「Salvia」といえば、サルビアですね。
 ということで、セージという名称は、下記の切手にあるコモンセージという種を表す場合もありますし、アキギリ属の一部で香料として利用されている植物群を表すこともありますし、場合によってはアキギリ属全体を指すこともあるようで、ややこしいです。

 セージは、古来ハーブティーとして利用されたり、肉の臭みを除く香料として利用されてきました。ソーセージという名称もセージから来たという説もあるようです。

 ということで、今回はハーブとして利用されてきたSalvia属を紹介します。といっても、一般のSalvia属との区分が分かりにくいものですから、名前に「セージ」が入ったものを紹介することにします。

写真です。

チェリーセージ Salvia greggii

      159IMGP0033.jpg           100520_1649~0001
    撮影:2003年10月11日       送ってもらった写真です
『甲子園口植物館』(東甲子園公園)


パイナップルセージ Salvia elegans    ラベンダーセージ Salvia cv. indigo
   
    159IMGP2971.jpg         159IMGP3001.jpg
   いずれも、撮影:2003年8月3日 豊中市「都市緑化植物園」

クラリーセージ Salvia sclarea

   159IMGP4028.jpg
撮影:2004年9月23日 精華町「京都フラワーセンター」

切手です。

コモンセージ Salvia officinalis

    stcub0301.jpg          styug1606.jpg
  1994年 キューバ発行  1955年 (旧)ユーゴスラビア発行
                         (薬用植物)

クラリーセージ Salvia sclarea

    styug0607.jpg
1961年 (旧)ユーゴスラビア発行 (薬用植物)

 ●キューバの切手は、手元には5種セットでありますが、多分これはコンプリートではないでしょう。他の植物も薬用植物が描かれていますから、薬用植物のセットとして発行されたのだと思います。
 ●ユーゴスラビアの切手は、両方とも薬用植物切手として発行された、9種セットのうちの1枚です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR