FC2ブログ

163.今日の植物(45):セントポーリア

 今日の誕生花は、セントポーリアです。

 セントポーリアはイワタバコ科 Saintpaulia属(セントポーリア属)の植物の総称で、アフリカのケニア南部からタンザニア北部が原産地です。
 原種は20数種だそうですが、その後の品種改良により実に多様な花色、花形、葉の形状の品種が作出され、品種の数は2万種とも3万種ともいわれるほどです。

 栽培には、採光、気温、湿度などについて細心の配慮が必要のようで、私みたいなずぼら人間にはとても育てられないなあ、と思わせる植物でもあります。

セントポーリアの写真です。多分品種名があるのだと思いますが、よくわかりません。

セントポーリア Saintpaulia sp.

    163IMGP2096X.jpg     163IMGP2097X.jpg
    
     163IMGP2098X.jpg     163IMGP2099X.jpg

    163IMGP2101X.jpg
以上5枚は、撮影:2004年1月12日 姫路市「市立手柄山温室植物園」

     163IMGP2945.jpg     163IMGP2946.jpg
以上2枚は、 撮影:2003年8月3日 豊中市「都市緑化植物園」

    163IMGP2651.jpg
撮影:2003年6月29日 加西市「県立フラワーセンター」

切手です。いずれも原産地で最初に発見されたイオナンタ種が描かれています。
世界的に愛好家が多いと思われますが、その割には発行された切手が少ないなあ、と意外な感じがします、

セントポーリア・イオナンタ Saintpaulia ionanta

    stgam0104.jpg             stuga0306.jpg
  2004年 ガンビア発行          ウガンダ発行
                    (世界の植物園「メルボルン植物園」)

     strus0101.jpg           styug0102.jpg
 1993年 ロシア連邦発行  1997年 (旧)ユーゴスラビア連邦共和国発行

     sttan0402.jpg
  1993年 タンザニア発行

 ●ガンビアの切手は、11種セットのうちの1枚です。多分これでコンプリートだと思います。
 ●ウガンダの切手は、例の「世界の植物園」シリーズです。
 ●ロシアの切手は、5種セットのうちの1枚です。
 ●ユーゴスラビアの切手は、4種セットのうちの1枚です。ユーゴスラビアが「連邦共和国」と称していたのは、1992年から2003年の間でした。
 ●タンザニアの切手は、12種セットのうちの1枚です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR