1800.今日の植物(1309):ナンヨウザクラ

 今日の植物は、ナンヨウザクラという植物です。

 ナンヨウザクラは、シナノキ科 Muntingia属(ナンヨウザクラ属、ムンティンギア属とも)の常緑樹で、この属には切手に出てくるMuntingia calabura種の1種のみが確認されているているということです。

 もともとはカリブ海沿岸からペルーの熱帯アメリカ原産の植物ですが、現在では熱帯地帯の各国で観賞用あるいは食用にと盛んに栽培されるようになっているということです。
 果実は赤く香と甘みがあって食べることができるということです。

 この植物はいわゆるPioneer Plantと呼ばれる植物で、痩せた土地に最初に分布できる植物の一つです。
 現在この植物を栽培目的で移入した地域では、繁茂しすぎて現地の在来の植生を乱しているという情報がウイキペディアにありました。

 写真です。ウイキペディアから借りてきました。

ナンヨウザクラ Muntingia calabura


    Muntingia_Calabura_flowers_fruit[1]

 切手です。

ナンヨウザクラ Muntingia calabura

    stdmn0401.jpg
1999年 ドミニカ国発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR