1812.今日の植物(1321):ミルトニオプシス

 今日の植物は、ミルトニオプシスという植物です。

 ミルトニオプシスは、ラン科 Miltoniopsis属(ミルトニオプシス属)の植物で、5種ほどが認められているということです。それらの種は、コスタリカやパナマ、ベネズエラ、エクアドル、コロンビアといった中南米の地域を原産地としているようです。

 同じラン科のMiltoniaという属と似た花を持っているのですが、葉のつき方などが違っていて別の属とされているとウイキペディアでは解説がありました。

 英語名はPansy Orchid、花の雰囲気から来ているのでしょうか。ついでに、属名のMiltoniopsisは英国のorchid enthusiast(ランの熱狂的な愛好家?)のFitzwilliam Milton卿に由来するのだそうです。学名に名前を残すほどの熱狂とはどのようなものなのでしょうか。

 写真です。ウイキペディアとネットから借りてきました。

(左)ミルトニオプシス・ロエズリイ Miltoniopsis roezlii
(右)ミルトニオプシス・ファレノプシス Miltoniopsis phalaenopsis

    mltroe1b[1]     Miltoniopsis_phalaenopsis_Golden_Gate[1]

 切手です。

ミルトニオプシス・ロエズリイ Miltoniopsis roezlii

    stpan0102.jpg        stafg0105.jpg
   2001年 パナマ発行    2003年 アフガニスタン発行
 ●この属の原産地のひとつであるパナマから切手が発行されているのはよく分かりますが、なぜ遠く離れたアフガニスタンから?という感想ですね。
 アフガニスタンの方は7枚のランを描いた切手のセットの一枚として発行されています。ランを描いた切手は人気があってそれこそ「愛好家」も多いところから、各国がこぞってラン切手を発行しています。その中には外貨獲得の手段として発行されるものも結構あって、このアフガニスタンもその一例のようです。案の定といいますか、記載された属名が「Miltonsiopsis」と綴りを誤っております。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR