1817.今日の植物(1326):カルポブロツス

 今日の植物は、カルポブロツスという植物です。
 実は、今日の植物として属名MからMesembryanthemum(メセンブリアンテマム)という植物を取り上げる予定にしていたのですが、手元に切手がある2つの種がいずれも現在はMesembryanthemumから別の属に移されていることが分かりました。

 その移された先の一つがこのCarpobrotus属というわけです。
 というわけで、カルポブロツスは、ツルナ科 Carpobrotus属(カルポブロツス属)の植物で、Tha Plant List には14の種、ウイキペディアでは12~20の種が確認されているという記事がありました。

 それらの種のほとんどは南アフリカの固有種なのですが、オーストラリアには少なくとも4種、南米にも1種の固有種が知られているということです。

 属名のCarpobrotusは古代ギリシャ語由来で、karpos ("fruit") + brota ("edible")と果実が食用になるといった意味があるようです。

 写真です。.

(左)カルポブロツス・アキナキフォルミス Carpobrotus acinaciformis
(右)カルポブロツス・エドゥリス Carpobrotus edulis

    Carpobrotus_acinaciformis_pm[1]     Carpobrotus-Edulis[1]
 ●右のCarpobrotus edulis種は種小名がedulis(食べられる)で、果実が食用になるようです。

 切手です。Mesembryanthemum属から移ってきたのもあります。

カルポブロツス・アキナキフォルミス Mesembryanthemum acinaciforme(=Carpobrotus acinaciformis)

    stgam0111.jpg   
  2004年 ガンビア発行     

カルポブロツス・エドゥリス Carpobrotus edulis

    stgue0104.jpg        stald0203.jpg
  1972年 ガーンジー発行    1994年 オールダニー発行
     (野生の花)            (普通切手)

(お知らせです)

 上記のようにMesembryanthemum属とされていた切手で別の属に移されたもう一つの属は、Lampranthus(マツバギク属)です。その切手を追加しておきました。

 マツバギク http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-381.html


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR