1821.今日の植物(1330):メラノデンドロン

 今日の植物は、メラノデンドロンという植物です。

 メラノデンドロンは、キク科 Melanodendron 属(メラノデンドロン属)の植物で、ウイキペディアによるとセントヘレナの固有種だということです。しかしこのMelanodendron属の唯一の種と考えられるMelanodendron integrifolia種は個体を減らしていて絶滅が危惧されているということです。

 The Plant Listでは、このMelanodendron 属(Melanodendron integrifolia種)は未承認ということになっています。このMelanodendron属がCommidendrum属と近縁ということですのでそちらに移されているのかもしれません。

 
Cabbage tree(キャベツの木)と呼ばれる植物群があるそうで、このMelanodendron integrifolia種もblack cabbage tree呼ばれその一つになります。

 写真(と図)です。ウイキペディアおよびネットから借りています。

メラノデンドロン・インテグリフォリア Melanodendron integrifolia

    Melanodendron-integrifolium[1]     Black-cabbage-tree-flowers-at-various-stages[1]
 
    MELLISS(1875)_p391_-_PLATE_40_-_Melanodendron_Integrifolium[1]
 ●一般的なキク科の植物とは随分と違ったイメージの植物です。花の写真と、図(ウイキペディアから借りています)を見て「なるほどキク科だなあ」です。

 切手です。

メラノデンドロン・インテグリフォリア Melanodendron integrifolia

    stshl0201.jpg  stshl0206.jpg  stshl0211.jpg
1968年 セントヘレナ発行(普通切手)
 ●1968年と半世紀近く前に発行された切手なのですが、きれいな印刷が印象に残る切手です。色々な仕事の現場を描いた図に、セントヘレナ原産の植物を加えたシリーズで合わせて15枚の切手が発行されました。
 ●この切手に描かれている植物がMelanodendron integrifoliaだと分かったのは、小倉博士の「世界植物切手図鑑」のおかげです。

(おしらせです)

 今日の植物には、当初属名MからMelhania erythroxylon(Melhania:メーラニア属)という植物を取り上げる予定でしたが、Melhania erythroxylon(小倉博士の記載で)は現在ではTrochetiopsis erythroxylon が正しい名前になっているようです。でその切手(これもセントヘレナの同じシリーズの切手なのですが)をTrochetiopsisの記事に追加しました。

 トロケティオプシス http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1595.html

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR