1850.今日の植物(1357):マルバトウキ

 今日の植物は、マルバトウキという植物です。

 マルバトウキは、セリ科 Ligusticum 属(マルバトウキ属)の植物で、約60種ほどが北半球の寒冷地を原産地としています。
 マルバトウキという名前は漢字で書くと「丸葉当帰」、同じセリ科のトウキと関係がありそうですが、余り似ていませんし背景はよく分かりません。
 
 切手に出ているLigusticum scoticum種は、ヨーロッパの北部、北米の北東部のいずれも海岸に近い場所で見られる植物だということです。もともとはヨーロッパの北極圏に分布していたのだそうですが、その後ノルウェー、北アイルランド、大西洋を越えてアメリカ北部へと分布の範囲を広げていき日本の一部にも分布するようになったようです。
 また、この種はパセリやセロリに似た香りを持っていて、食用にされるということです。

 写真です。ウイキペディアから借りてきました。

マルバトウキ Ligusticum scoticum

    Ligusticum_scoticum[1]

 切手です。

マルバトウキ Ligusticum scoticum

    stgrl0301.jpg
2005年 グリーンランド発行(食用植物)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR