1852.今日の植物(1359):ミカエリソウ

 今日の植物は、ミカエリソウという植物です。

 ミカエリソウは、シソ科 Leucosceptrum属(テンニンソウ属)の植物です。
 今日ミカエリソウを取り上げたのは、昨日のLeucosideaから「そうだレウコ仲間があった」と思い出したからです。
 また、ミカエリソウには比叡山の延暦寺で出会ったのですが、ちょうど満開の時期で一面に群生していた様子が印象に残る植物でもありました。
 このミカエリソウの語源はよくわからないのですが、山道で出会ってピンクの花の印象が強く思わず振り返った・・というような情景を想像させる花でした。

 属名に「Leuco-」を持つ植物は結構多くて、これまでこのブログでもLeucospermum(ピンクッションなど)Leucojum(スノーフレークなど)Leucocoryne(レウココリネ)というのが登場しました。昨日の属名の解説では「Leuco」は「輝くように白い」ということでしたので、そのような特徴が共通しているのでしょうか?

 属としてのLeucosceptrum属についてみると、ウイキペディアとThe Plant ListにはLeucosceptrum canum の1種だけが確認された種として記載されていて、ミカエリソウ(Leucosceptrum stellipilum )やテンニンソウ(Comanthosphace japonica )はそれぞれComanthosphace stellipilaComanthosphace japonicaComanthosphace属として取り扱われていました。
 ですが、せっかくの
Leuco-仲間ですので、とりあえずLeucosceptrumとしておきましょう。

 写真です。

ミカエリソウ Leucosceptrum stellipilum

    IMG00047.jpg   IMG00048.jpg   IMG00049.jpg
撮影:2012年9月15日 比叡山「延暦寺」

テンニンソウ Comanthosphace japonica

    IMGP2178XX.jpg     Tenninsoh[1]
   撮影:2004年5月15日
  神戸市「六甲高山植物園」

 ●左の写真は葉だけの愛想のないものですので、花の写真はウイキペディアから借りてきました。

 Leucosceptrum属を描いた切手は手元にありませんでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR