1874.今日の植物(1381):チリヤシ

 今日の植物は、チリヤシという植物です。引き続き属名Jです。

 チリヤシは、ヤシ科 Jubaea属(チリヤシ属)の植物で、名前の通りチリの中央部にのみ自生しているヤシなのです。
 このJubaea属の植物は、切手に取り上げられているJubaea chilensis種の1種のみが確認されており、そのJubaea chilensis種も絶滅が危惧されているということです。

 高さは25メートルにも達する背の高いヤシで、ヤシの仲間には共通しているのだそうですが成長に時間を要し、この高さに達するのには20年もかかるのだそうです。

 英語名はChilean wine palm 、幹から採取する樹液が食用になるところから来ています。またココヤシに似た実を持っているところからChile cocopalmとも呼ばれているそうです。

 写真です。ウイキペディアから借用してきました。

チリヤシ Jubaea chilensis

    Jubaea_Chilensis_in_California_by_Dan_Lindsay[1]     Jubaea_chilensis_(Fruit_and_nut)_nuytsia_pix[1]

 Jubaea属を描いた切手です。

チリヤシ Jubaea chilensis

    stchi0201.jpg
1987年 チリ発行(チリの動植物)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR