FC2ブログ

170.今日の植物(48):マツグミ

 本日の植物は、マツグミを取り上げました。
 165.ヤドリギのところで書きましたように、森林植物園の事務所の方に「大池ではヤドリギがたくさん見られるよ」と教えてもらいましたが、その後日談です。

 12月23日に大池まで出かけてきました。神戸電鉄の「大池駅」という駅で降りました。

 さっそく、教えてもらった辺りを探しました。しかし、とうとうヤドリギは一本も見つけることができませんでしたが、そのかわり、このマツグミがアカマツに寄生しているのを見つけたという次第です。
 このマツグミはヤドリギ科 Taxillus属(マツグミ属)の植物で、植物園の方に教わったように常緑の針葉樹に寄生する寄生植物です。

 今回初めて知ったのですが、寄生植物にも種類があって、自分で葉緑素をもって光合成できる寄生植物と、自分では光合成もできないのとがあるということです。
 前者は半寄生植物と呼ばれており、水分と窒素などの栄養素だけを宿主から吸収すればよいということになります。
 先に出てきたヤドリギも、このマツグミもこちらの分類に入ります。

 マツグミは、初夏に赤い花を咲かせ、写真にあるような実をつけます。

 で、撮れたての写真です。

マツグミ Taxillus kaempferi

    170P1010705.jpg     170P1010706.jpg
撮影:2010年12月23日 神戸市北区大池地区
 
 残念ながら、 Taxillus属の切手は手元にはありませんでした。また探しておきます、といってもなかなかないかもしれません。
 でも、ヤドリギ科では、先に出たViscum属(ヤドリギ属)の他にAmyema属(アミエマ属)、Amylotheca属(アミロテカ属)、Phoradendron属(フォラレンドロン属)の3つの属の切手が手元にありますから、ひょっとしたらこのマツグミもどこかの国で発行されているかもしれませんね。

(お詫びと訂正です)

 上のように記事を書いていたのですが、ヤドリギ科によく似たオオバヤドリギ科というのがあって、このマツグミも含めて次のように分類を変える必要があるようです。

 ヤドリギ科=Viscum属(ヤドリギ属)Phoradendron属(フォラデンドロン属)
 オオバヤドリギ科=Amyema属(アミエマ属)Amylotheca属(アミロテカ属)Taxillus属(マツグミ属)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR