1897.今日の植物(1404):ホットニア

 今日の植物は、ホットニアという植物です。

 ホットニアは、サクラソウ科 属(ホットニア属)の水生植物で、2種のみが知られているということです。
 そのうち、切手に描かれているHottonia palustris種はwater violet (水のスミレ)とも呼ばれていて、ヨーロッパおよび東アジアに分布する植物です。もう一つのHottonia inflata種は北米に分布する植物で、ヨーロッパの方が他方よりも大きな目立つ花を持っているということですが、茎は北米のものが太くなっているというような違いがあるようです。

 ウイキペディアに面白そうな情報がありました。それは、ヨーロッパ産の方は同じ個体で受粉しないような仕掛けを持っていますが、北米産にはそれが無いのだそうです。
 十分理解できてないのですが、同じ個体で受粉すると遺伝的な多様性が失われて、環境の変化に対応できなくなるということのようです。

 属名の
Hottoniaはオランダの植物学者、薬学者のPetrus Houttuyn(Peter Hottonとも)氏に因んで命名されたもののようです。

 両方の種の写真です。ウイキペディアから借りてきました。

(左)ウオーターバイオレット Hottonia palustris
(右)
ホットニア・インフラタ Hottonia inflata

    HottoniaPalustrisInflorescence[1]     Hottonia_inflata_NRCS-2[1]

 切手です。

ウオーターバイオレット Hottonia palustris

    stger0403.jpg         strom2901.jpg
   1981年 ドイツ発行    1966年 ルーマニア発行
     (社会福祉)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR