1916.今日の植物(1423):ハルパゴフィツム

 今日の植物は、ハルパゴフィツムという植物です。

 ハルパゴフィツムは、ゴマ科 Harpagophytum属(ハルパゴフィツム属)の南アフリカ原産の植物です。
 この属の植物について、The Plant Listでは多くの種を同じゴマ科のUncarina(ウンカリナ)属の植物と同義としています。
 しかし、ウイキペディアでは切手に描かれているHarpagophytum procumbens種をハルパゴフィツム属の種として取り上げていますのでとりあえずは今回の記事をハルパゴフィツムとしました。

 Harpagophytum属の植物は英語名でdevil's claw(悪魔の爪)と呼ばれているそうです。写真に見られるような鉤のついた果実の形からきていると思われます。
 この植物は古くから鎮痛剤や解熱剤として利用されてきたようで、その後の研究によって特徴のある薬効成分を含んでいることが明らかになっているそうです。

 写真です。ウイキペディアおよびネットから借りてきました。確かに悪魔のイメージがありますなあ・・

ハルパゴフィツム・プロクンベンス Harpagophytum procumbens
 ●種小名の「procumbens」は「地に這った」という意味ですから、この属の植物みんなが地に這って広がるということではないようです。

    Harpagophytum_5[1]     152480_5[1]

 切手です。

ハルパゴフィツム・プロクンベンス Harpagophytum procumbens

    stswaf0504.jpg
1990年 (旧)南西アフリカ発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR