1924.今日の植物(1430):ウエベルバウエロケレウス

 今日の植物は、ウエベルバウエロケレウスという長大な名前の植物です。
 実は今日の植物は、属名HからHaageocereus属(ハアゲオケレウス属)という植物を予定していたのですが、切手に描かれているHaageocereus clavispinusという種がWeberbauerocereus johnsoniiという種と同義だとされていました。それで、今日の記事をWeberbauerocereusとしたというわけです。

 ウエベルバウエロケレウスは、サボテン科 Weberbauerocereus属(ウエベルバウエロケレウス属)の植物で、The Plant Listによれば9種が確認されているということですから、小さな属ということになるようです。

 この長大な属名はAugusto Weberbauer( 1871 ~1948 )というドイツの自然学者、植物学者に因んで命名されたものだそうです。ドイツ風によみますと、「ヴェーバーバウアーさんのサボテン」といったところでしょうか。ペルーのアンデス山脈地域の調査をした人のようです。

 このWeberbauerocereus属の植物は、ペルーおよびチリの北部を原産地としているということです。
 ウイキペディアによりますと、このWeberbauerocereus属はTrichocereus(Echinopsis)属Cleistocactus属という二つのの属の「intermediate」に当たるという情報がありました。この両方の属の中間的な形質を持っているという意味なのでしょうか?

 写真です。ネットから借りてきました。

ウエベルバウエロケレウス・ジョンソニイ Weberbauerocereus johnsonii

    04c072[1]

 切手です

ウエベルバウエロケレウス・ジョンソニイ Haageocereus clavispinus(=Weberbauerocereus johnsonii)

    stper0204.jpg
  1989年 ペルー発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR