1935.今日の植物(1442):ゴベニア

 今日の植物は、ゴベニアという植物です。

 ゴベニアは、ラン科 Govenia属(ゴベニア属)の植物です。属名Gで手元の属名リストで昨日のGrammangis(グラマンギス)の隣にありましたので本日登場なのですが、連続してラン科の植物となりました。
 このブログでもラン科の植物の多さは群を抜いていまして、これまで登場した属の数は147になります。2番目のキク科が121ですから圧倒的な優位に立っています。

 で、本題に戻りますが、Govenia属の植物はThe Plant Listおよびウイキペディアでは24種の名前があげてありました。いずれもメキシコ、中央アメリカ、西インド諸島およびカリフォルニアといった地域を原産地としているということです。

 ゴベニアという名前は、ベゴニアと間違え(読み違え)そうですが、Horticultural Society of London(ロンドン園芸協会)の役員を務めた、J.R. Gowen氏に因んで命名されたということです。ベゴニアの方はBegoniaと「B」ですけどね。

 写真です。

ゴベニア・ウトリクラタ Govenia utriculata

    
Govenia[1]

 切手です。

ゴベニア・ウトリクラタ Govenia utriculata

    stcub1401.jpg
1989年 キューバ発行(ラテンアメリカの歴史)

 ●切手に描かれている人はDomingo Faustino Sarmientoという人で、7代目のアルゼンチンの大統領だった人のようです。植物のGovenia utriculataとは関係はなさそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR