1969.今日の植物(1476):ベニギリソウ

 今日の植物は、ベニギリソウという植物です。

 ベニギリソウは、イワタバコ科 Episcia属(ベニギリソウ属、またはエピスキア属、エピスシア属とも)の多年草で、元々は中央アメリカから南アメリカの熱帯地帯に見られる植物でしたが、現在では他の地域でも栽培されるようになって現地で自生するようになったものもあるということです。

 Episcia*属の植物は、地面を這って広がる性質があり、赤(時にはオレンジ、ピンク、黄色)い花を咲かせるようです。葉に独特の縞模様や斑点を持つものが多く、そんなところから園芸品種として多くの交配種が作られているということです。

 写真です。ウイキペディア及びネットから借りてきました。交配種の多くはこの2種の間で作られたのだそうです。

(左)エピスキア・レプタンス Episcia reptans
(右)エピスキア・クプレアタ Episcia cupreata

    Episcia_reptans1[1]     Episcia_cupreata_-_Cultivar[1]

 切手です。その交配種になります。

ベニギリソウの交配種 Episcia hybrida

    stsol0210.jpg
1987年 ソロモン諸島発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR