1974.癒しの植物(47):カルダモン

 久し振りの「癒しの植物」は、カルダモンという植物です。
 以前は「今日の植物」の他にこの「癒しの植物」などとキーワードで植物を取り上げていたことがありましたが、その「癒しの植物」の最後の記事は昨年10月16日のミントスタキスでしたから、もう1年以上のブランクがあることになります。

 今日のカルダモン(Elettaria cardamomum )は、ショウガ科 Elettaria属(ショウズク属)の植物で、最も古いスパイスの一つだとされています。
 原産地はインドやスリランカ、マレー半島といった地域です。良い香りを持っているということで、ウイキペディアによりますと、その香りは樹脂系の上品な香りで、「スパイスの女王」とも呼ばれているといいます。

 この香料の成分はその種子に含まれていて、水蒸気で抽出し、カレーや肉料理、ケーキなどに使われているということです。多分自分でもこの香りをかいだことはあるのでしょうが、どの香りがカルダモンなのかよくわからんところです。

 Elettaria属に分類される植物は、11種ほどが確認されているということです。
 和名の属名「ショウズク」は「小荳蒄」と書かれ、漢方で健胃剤などに使用されているということです。

 写真です。ウイキペディアから借用です。

カルダモン Elettaria cardamomum


    ElettariaCardamomum[1]     Cardamone[1]  

 切手です。

カルダモン Elettaria cardamomum

    stcam0601.jpg
  1962年 カンボジア発行
 ●切手に描かれているのはその果実だと思われますが、上の写真と随分雰囲気が違っているようにも見えます。ですが、ここは小倉博士の分類に従っておきました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR