1980.今日の植物(1486):ドラクラ

 今日の植物は、ドラクラという植物です。属名Dの続きです。

 ドラクラは、ラン科 Dracula属(ドラクラ属)の植物で、The Plant Listには130種の名前があげてありました。一方、ウイキペディアではメキシコ、中央アメリカ、コロンビア、エクアドル、ペルーといった地域を原産地として118種があるいう情報がありました。
 いずれにしても120種前後の種を擁する属ということになりそうです。

 気になる属名のDraculaですが、語の意味としてはlittle dragon(小さな龍)という意味なんだそうです。しかし、この属の名前としては例のホラー小説の主人公ドラキュラから連想されて命名されたようです。
 ウイキペディアの情報では、この属のうちの一部のものに血のような赤い色をしたものがあり、また花弁の先端が不気味に伸びているところから「ドラキュラ」になったということのようです。

 外観がよく似ていて、「ドラキュラのラン」と呼ばれているのにマスデバリア(Masdevallia)という属があります。
 ウイキペディアによりますと、Dracula属もかつてはMasdevallia属とされていたのですが、1978年に別の属とされるようになったということのようです。 

 写真です。ウイキペディアおよびネットから借りてきました。確かに異様なたたずまいを見せています。

(左)ドラクラ・エリスロカエテ Dracula erythrochaete
(右)ドラクラ・ベラ Dracula bella

    draculerythrochaete[1]    800px-Dracula_bella_Orchi_22[1]

 切手です。

(左)ドラクラ・エリスロカエテ Dracula erythrochaete
(右)ドラクラ・ベラ Dracula bella

     stdmnc0410.jpg         stun0512.jpg
    ドミニカ国発行        1996年 国連発行
                     (絶滅危惧種)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR