2020.今日の植物(1521):ネナシカズラ

 今日の植物は、ネナシカズラという植物です。

 ネナシカズラは、ネナシカズラ科 Cuscuta属(ネナシカズラ属)の寄生植物で、ウイキペディアでは100~170種、The Plant Listでは204種があるとされていましたので、相当に大きな属ということになりそうです。

 ネナシカズラ科の植物は初めて登場しましたが、このCuscuta属1属のみの1科1属の科ということになります。
 ただ、遺伝子解析による分類ではCuscuta属はヒルガオ科に分類されるのだそうで、これはちょっと驚き、という感じです。

 世界の温帯から熱帯地域に広く分布する植物で、日本にも自生種の他外来の種も分布しているということです。
 寄生植物であるこの植物群は、葉緑素をもたず黄色、橙色、赤などの色をしていて、蔓が分岐しながら伸びていき網や髪の毛のように見えるものもあるようです。

 切手に取り上げられているCuscuta epithymum種は、赤色の細い茎を持っています。

 写真です。ウイキペディアから借りてきました。

クスクタ・エピティムム Cuscuta epithymum

    Cuscuta_epithymum1[1]

クスクタ・エウロペア Cuscuta europaea

     Cuscuta_europaea.jpg     Cuscuta_europaea_bgiu[1]
 ●右の写真の種は、Sambucus ebulusというスイカズラ科ニワトコ属の植物に寄生しています。

 切手です。

クスクタ・エピティムム Cuscuta epithymum

    stald0206.jpg
1994年 オールダニー発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR