2104.今日の植物(160):ブテア

 今日の植物は、ブテアという植物です。長く属名Cが続いていましたが、ようやく属名Bに入りました。属名ではCで始まるものが圧倒的に多く、これまで登場した属名Cは305属に上ります。登場済の属名が全部で1943ですから6分の1近くになるのです。

 ブテアは、マメ科 Butea属(ブテア属)の植物で、ウイキペディアによれば2種だけが分類される、あるいは多くても4~5種が分類される植物群だということです。The Plant Listでは4種があげてありましたので、いずれにしても小さな属ということになりそうです。

 インドから東南アジアに広く分布する植物で、切手に描かれているButea monosperma種は和名をハナモツヤクといい、ラックカイガラムシという昆虫の宿主として知られている植物です。このラックカイガラムシは、ハナモツヤク(花没薬)と呼ばれる樹脂を分泌するのですが、この樹脂は生薬として使われるほか臙脂色の染料としても使われるそうです。

 写真です。

ハナモツヤクノキ Butea monosperma

    STS_001_Butea_monosperma[1]

 切手です。

(左)ハナモツヤクノキ Butea monosperma
(右)ハナモツヤクノキ Butea frondosa(=B. monosperma)

    stban0104.jpg          stcam0203.jpg
 1978年 バングラデシュ発行    1971年 (旧)カンボジア王国発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR