2121.今日の植物(1622):アキー

 今日の植物は、アキーという植物です。

 アキーは、ムクロジ科 Blighia属(アキー属)の植物で、6種(ウイキペディアでは4種とされていました)を擁する小さな属です。元々は熱帯アフリカのギニアからケニヤに至る地域を原産地とする植物です。
 この属の植物の果実の一部、種子の周りの部分は食べることができるようで、その目的で栽培もされているということです。ところがそれ以外の部分は有毒だという情報もありましたので、要注意です。

 切手に描かれているBlighia sapida種はアキーと呼ばれる植物で、18世紀後半に、多分奴隷船に積まれてアフリカからジャマイカにもたらされ、その後カリブ海地域の重要な食材になったという情報がありました。
 属名のBlighiaは、このアキーをジャマイカから英国の王立キュー植物園にもたらした英国の艦隊の提督William Bligh氏に因んで命名されたということです。

 写真です。ウイキペディアから借用しています。

アキー Blighia sapida

    Ackee_001[1]     Akee,seed
 ●右の写真の白い部分が食用になる部分のようです。

 切手です。

アキー Blighia sapida

    stjam0301.jpg
 1956年 英領ジャマイカ発行(普通切手)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR