2146.今日の植物(1647):コンニャク

 今日の植物は、コンニャクです。
 昨日の記事に登場したアンコマネス(Anchomanes)属がコンニャク属の近縁だということを知り、そういえばコンニャク属についてはスマトラオオコンニャクだけを取り上げていたなあ、と思い出したのです。で、今日はスマトラオオコンニャク以外のコンニャク属ということになります。

 コンニャクは、サトイモ科 Amorphophallus属(コンニャク属)の植物群および一つの種で、The Pant Listによりますと、Amorphophallus属には203種が分類されるということですので大きな属ということになります。
 属名のAmorphophallusの語源については、スマトラオオコンニャクの記事をご参考に・・・・

 このAmorphophallus属の植物は、アジア、アフリカ、オーストラリアと太平洋の島々を原産地とする植物だということです。
 私たちが食用にしているコンニャク(Amorphophallus konjac)も原産地はインドあるいはベトナム周辺だとされているようで、日本の他中国、韓国やミャンマーなどでも食用にされているということです。コンニャクの種小名のkonjacは日本語のコンニャクに由来しているものと思われます。

 コンニャクの写真です。随分昔になりますが、高知県でコンニャクが栽培されているのを見たことがありますが、手元に写真がありませんでした。ネットから借用しておきます。

コンニャク Amorphophallus konjac

    Amorphophallus konjac

    IMG_1365.jpg
この1枚は、撮影:2016年9月26日 広島市「植物公園」

ゾウコンニャク Amorphophallus paeonifolius

    IMG_1367.jpg     IMG_1368.jpg
撮影:2016年9月26日 広島市「植物公園」
 ●地中の根茎が象の足ににているところからゾウコンニャクという名前になったのだそうです。

 Amorphophallus属を描いた切手です。いずれもガーナから発行されています。

(左)アモルフォファルス・アビシニクス Amorphophallus abyssinicus
(右)アモルフォファルス・ジョンソニイ Amorphophallus johnsonii

    stgha0604.jpg       stgha0601.jpg
 この2枚は、1984年 ガーナ発行

(左)アモルフォファルス・フラボリエンス Amorphophallus flavoviens
(右)アモルフォファルス・ドラコンティオイデス Amorphophallus dracontioides

    stgha0505.jpg       stgha0501.jpg
こちらの2枚は、1991年 同じくガーナ発行

(ついでに)

 前回スマトラオオコンニャクの記事を掲載して以降にもう一枚インドネシアから発行された切手を入手しましたので、追加しました。

 スマトラオオコンニャク http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-30.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR