2152.今日の植物(1653):アガニシア

 今日の植物は、アガニシアという植物です。属名Aの続きです。

 アガニシアは、ラン科 Aganisia属(アガニシア属)の植物で、4種が確認されているという小さな属です。
 中南米の山地の森や川沿いに分布する植物で、甘い香りを持っているということです。

 属名のAganisiaは、ギリシャ語由来でagnos(感謝)から来ているのだろう、とウイキペディアは言っています。多分「その甘い香りから命名された」とありましたが、なぜ甘い香りが感謝につながるのかよく分からないところです。

 切手に取り上げられているAganisia cyanea種は園芸品として栽培されている種だということです。この種では育成の環境をコントロールすることによってランでは極めて珍しい青色の花を持つものを作ることができるのだそうです。

 写真です。

アガニシア・キアネア Aganisia cyanea

    Aganisia_cyanea.jpg

 切手です。青色の花が描かれています。

アガニシア・キアネア Acacallis cyanea(=Aganisia cyanea)

    stbra1201.jpg         
1976年 ブラジル発行(自然保護)
 ●この種はかつてはAcacallis cyaneaとされていたということです。


アガニシア・キアネア Aganisia cyanea

    sttan0617.jpg
1992年 タンザニア発行
 ●タンザニアはアフリカの国なのですが、このアメリカ大陸原産の植物を描いています。同じシリーズで20種の切手が発行されていますが、全て熱帯地域に分布する植物のようですので、分布している大陸は余り考慮されていないようです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR