2158.今日の植物(1659):アカントシキオス

 今日の植物は、アカントシキオスという植物です。

 アカントシキオスは、ウリ科 Acanthosicyos属(アカントシキオス属)の植物で、2種のみがアフリカのナミブ砂漠に固有の植物として確認されてるだけという植物です。
 属名の*はこれもギリシャ語由来で、akantha(thorn:とげ) +sykios(cucumber:キュウリ)と、棘のあるキュウリといった意味合いから命名されたということです。
 
 切手に描かれているAcanthosicyos naudinianus種は、ボツワナ西部、ナミビア東部および南アフリカ北部に分布しているということです。その果実は食用になるといいますが、熟れる前に食べると口に炎症を生じることがあるということです。それ自体は有毒ではないのですが、ある種の昆虫の血液と混ぜると毒矢に塗る毒を作ることができるという情報がありました。

 一方、もう一つのAcanthosicyos horridus種は、nara melonと呼ばれ、分布している地域では重要な食用植物だということです。

 写真です。ウイキペディアおよびネットから借りています。確かにみごとな棘があります。

(左)アカントシキオス・ナウディニアヌス Acanthosicyos naudinianus
(右)アカントシキオス・ホリドゥス Acanthosicyos horridus

    acanthosicyos-naudinianus.jpg     nara melon

 切手です。

アカントシキオス・ナウディニアヌス Acanthosicyos naudinianus

    stbot1302.jpg
1985年 ボツワナ発(クリスマス)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR