2205.音楽の植物(38):ユウスゲ

 2012年12月4日の「カエデ(5)」が最後でしたので、3年半振りの「音楽の植物」で、登場するのはユウスゲです。

 ユウスゲはユリ科 Hemerocallis属(ワスレグサ属)の植物で、その音楽は森進一氏の「ゆうすげの恋」です。

 実は、ユウスゲは「白山で出合った植物:ニッコウキスゲ」の記事の中でちょっとだけ登場している植物です。ただ、その時の写真は武庫川で撮影したもので、本当にユウスゲなのかちょっと怪しい写真でもありました。

 そんなことで、今度は間違いなくユウスゲ、ということで今回とりあげました。
 地元の新聞で、ユウスゲが満開になったという記事を見つけて出かけてきました。昼過ぎに予め場所を確認しておこうと現地に行ってみました。その時には花は全く見当たらなかったのですが、夕方5時過ぎに行った時には写真のようにあたり一面に咲いていました。確かに「夕菅」なのです。翌朝にはしぼんでしまうということでした。

 このHemerocallis属に分類される植物も見分けがつきにくい植物群です。ウイキペディアなどの情報によりますと、Hemerocallis属の植物はには19の種があるとされていました。
 そのうちユウスゲはHemerocallis citrina種の変種の一つということになります。先に登場したニッコウキスゲはHemerocallis dumortieri 種の変種、Hemerocallis fulva(ホンカンゾウ)という種もあって日本からも切手が発行されています。その他、Hemerocallis minor(ホゾバキスゲ)、Hemerocallis lilioasphodelus(マンシュウキスゲ)(これはHemerocallis flavaという種と同義だとされていることも分かりました)という種も切手に描かれています。
 そのようなことから、前回のニッコウキスゲの記事に切手を追加(*印のものです)し、一部記事の内容も修正しました。また、今回の記事にこれまで登場していなかった
Hemerocallis 属の切手を載せました。

 写真です。

ユウスゲ Hemerocallis citrina var. vespertina

    IMG_0884.jpg   IMG_0895.jpg   IMG_0898.jpg
 撮影:2016年7月19日 山口市徳佐「船平山」
 ●右の写真が眼下に徳佐の町を望む船平山からの眺望です。徳佐は島根県との県境の街で、津和野まで30分以内という場所にあります。

 切手です。

キスゲ(=ユウスゲ) Hemerocallis citrina var. vespertina

    stjpn22007.jpg     stjpn22002.jpg
2013年 日本発行(季節の花 Ⅵ) 

ホンカンゾウ Hemerocallis fulva

    stjpn6002.jpg         stprk0806.jpg
   2002年 日本発行      1974年 北朝鮮発行
 (ふるさと切手「越後の花」) 

ホソバキスゲ Hemerocallis minor

    stprk0802.jpg
  1974年 北朝鮮発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR