2209.今日の植物(1708):スダメルリカステ

 今日の植物は、スダメルリカステという植物です。

 スダメルリカステは、ラン科 Sudamerlycaste属(スダメルリカステ属)の植物で、約45種が知られている植物です。
 実は、今日の植物は属名「I」からIdaという植物にする予定でした。しかしThe Plant ListによればIda属の植物は現在は全てSudamerlycaste属とされているようで、本日の植物はSudamerlycasteということになりました。

 ウイキペディアの情報では、Sudamerlycaste属の植物は2002年にLycasre属から分離されたのだそうです。かつてLycasre属に分類されていた種のうち、南米とカリブ海地域に固有の種はSudamerlycaste属に移され、メキシコと中央アメリカに固有の種はLycasre属に残ったということです。
 ところが、別の植物学者が南米とカリブ海地域のLycasre属の種を分類するのにIdaという属名を提唱したようですが、すでにSudamerlycasteという属名がつけられているということで、Idaの属名は受け入れられていないということのようです。(ですが、切手の表記はこのIdaの方をとっています)

 この分類の変遷というのもややこしいのですが、個人のメンツ(貢献、名誉?)もかかっていたりして余計に混乱してくるのかもしれません。

 写真です。

スダメルリカステ・フィンブリアタ Sudamerlycaste fimbriata

    Sudamerlycaste fimbriata

 切手です。

スダメルリカステ・フィンブリアタ Ida fimbriata(=Sudamerlycaste fimbriata)

    
stcomu0104.jpg
2011年 コモロ連合発行(動植物鉱物)
 ●この切手には2種類のランが描かれていますが、左の方がSudamerlycaste fimbriataです。右の赤い植物はHabenaria rhodocheilaという同じラン科の植物です。
 ●マダガスカル島に近くのコモロは現在はコモロ連合という国名になっていますが、なぜアメリカ大陸のランを描いた切手を発行したのでしょうか?コモロは政治的な不安定が続き、世界の最貧国の一つと言われています。切手も重要な輸出品なのではないかと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR