2238.今日の植物(1734):ケイリドプシス

 今日の植物は、ケイリドプシスという植物です。

 ケイリドプシスは、ツルナ科 Cheiridopsis属(ケイリドプシス属)の多肉植物で、The Plant Listでは33種の名前があげてありました。一方、ウイキペディアでは約100種があるという記事になっていました。少し差が大きいようですが、原因はよく分かりませんでした。

 Cheiridopsisの仲間は、南アフリカからナミビアに至る乾燥した地域を原産地としているようです。花は黄色が多く、他に紫や赤い花弁を持つものもあるということです。

 属名のCheiridopsisはギリシャ語由来で、Cheiris(袖)から来ているということです。葉の形をみて命名されたのでしょうか。

 切手に描かれているCheiridopsis caroli-schmidtii種は、黄色の花を持ち、三角形の断面をした葉が集まって語りになっており、茎は持たないものが多いようです。
 これはこの種だけかどうかよく分からないのですが、夏の間この植物は乾燥してあたかも枯れてしまったようになるのだそうです。

 写真です。

ケイリドプシス・カロリシュミッツィー Cheiridopsis caroli-schmidtii

    Cheiridopsis_caroli-schmidtii_2[1]
 ●種小名のcaroli-schmidtiiは Carl Schmidt氏に因んで命名されたのだそうです。彼はドイツの都市エルフルトで保育園を運用していた人だそうですが、この植物とどのような関係があったのかは不明です。

 切手です。

ケイリドプシス・カロリシュミッツィー Cheiridopsis caroli-

    stnam0401.jpg
   2007年 ナミビア発行 









 








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR