FC2ブログ

211.今日の植物(72):シャクヤク

 本日の誕生花は、シャクヤクです。

 シャクヤクは、ボタン科 Paeonia属(ボタン属)の植物です。ボタンと同じ属でボタンとよく似ているのですが、見分け方は次のようなことが言われています。
 ・シャクヤクは多年草、つまり草なのですが、これに対してボタンは幹が木質になります。
 ・ボタンの葉には深い切れ込みが入っていますが、シャクヤクでは切れ込みがあっても浅いものになっているとのことです。

 シャクヤクはまた、漢方薬としても利用されています。消炎、鎮痛、止血などの効用があるそうです。

シャクヤクの仲間の写真です。

シャクヤク Paeonia lactiflora var. trichocarpa

    211Imgp0249.jpg     
 撮影:2002年4月28日 鎌倉市「鶴岡八幡宮」

シャクヤクの仲間の切手です。

シャクヤク Paeonia lactiflora
 
●「lactiflora」は「乳白色をした花の」という意味ですが、白色以外の花もあります。

    stusa0214.jpg           stcng0102.jpg
 1982年 アメリカ発行    1998年 コンゴ共和国発行
(州の花と鳥「インディアナ州」)

    staua0105.jpg       stjpn2310.jpg
 1964年 オーストリア発行      2003年 日本発行
(国際ガーデンショー)          (日本郵政公社設立)

    stsam0506.jpg           stalb0505.jpg
1971年 サンマリノ発行       1967年 アルバニア発行
                     Paeonia chinensis(=P. lactiflora)

オランダシャクヤク Paeonia officinalis
 
●「officinalis」は「薬用の」という意味ですから薬用植物なのでしょう。

    stsam0101.jpg            stlux0102.jpg
1967年 サンマリノ発行    1959年 ルクセンブルグ発行
                   (モンドルレベーン花の博覧会)

   sthun1901.jpg           stest0201.jpg
 1950年 ハンガリー発行      2007年 エストニア発行

セイヨウシャクヤク Paeonia officinalis rubra plena

    stgui0212.jpg
   赤道ギニア発行

ホソバシャクヤク Paeonia tenuifolia
 
●「tenuifolia」は、「細い葉の」という意味です。
 
    stpol1004.jpg          styug1101.jpg
   1964年 ポーランド発行   1969年 (旧)ユーゴスラビア発行

    stbul3304.jpg
   1977年 ブルガリア発行 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR