2288.植物の名前(33):ナポレオネア

 シリーズ「植物の名前」の第33弾は、ナポレオネアという名前の植物です。例のナポレオン一世にかかわる名前です。

 ナポレオネアは、サガリバナ科 Napoleonaea属(ナポレオネア属)の植物で、この属には10種が分類されているようです。
 ウイキペディアによれば、このNapoleonaea属は1804年に初めて属として発表されたのだそうです。この1804年というのは、ナポレオン・ボナパルトがフランスの皇帝になった年で、この属名が命名されたようです。

 Napoleonaeaは、アフリカ原産の植物で、切手に描かれているNapoleonaea heudelotii種は、ギニア、シエラレオネ、リベリア、ブルキナファソといった国々に分布しているということです。

 写真です。ウイキペディアから借りています。

ナポレオネア・インペリアリス Napoleonaea imperialis

    Napoleonaea_imperialis_1[1]
●種小名がimperialisですからこれこそ「皇帝の」です。

 切手です。

ナポレオネア・ヘウデロティイ Napoleonaea heudelotii

    stgre1403.jpg
 1988年 グレナダ発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR